【朗報】 本庶佑 高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい どうもー! バーチャル のじゃアルファ ブロガーおじさんの僕です!

世の中 世知辛いのじゃー

 

というか世知辛いんじゃなくて朗報です。




本庶佑 高等研究院副院長・特別教授がノーベル生理学・医学賞を受賞

 

本庶佑 高等研究院副院長・特別教授とは

本庶 佑(ほんじょ たすく、1942年1月27日 – )は、日本の医師、医学者(医化学・分子免疫学)。勲等は文化勲章。学位は医学博士(京都大学・1975年)。京都大学名誉教授・高等研究院特別教授、公益財団法人先端医療振興財団理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、日本学士院会員、文化功労者、2018年ノーベル医学生理学賞。

京都大学医学部副手、東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長、内閣府総合科学技術会議議員、静岡県公立大学法人理事長(第3代)などを歴任した。2018年ノーベル生理学・医学賞受賞。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%BA%B6%E4%BD%91 より

 

オプジーボとは

 

オプジーボは免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬。通常、がん細胞が体の中にできるとキラーT細胞という免疫細胞が、がんを攻撃する。しかし、がん細胞は攻撃されないように、免疫細胞にブレーキをかけるPD-L1という物質を作り出すことができる。オプジーボはその免疫機能のブレーキを外して、人間の身体が本来持っている、がん細胞を叩く力を発揮させる薬

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49379 より

 

みんなの反応

あまりにすごすぎて、みんな分からないようで、速報だけツイートされてほとんど意見はないようです。僕も全くわかりません。ただ、がんの治療に大きく貢献されたということだけは分かります。

すぐ株を見る人w

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*