ソニーが開発した 世界最小 0.5インチ AR・MR・VR用(?)ディスプレイがすごいかもしれない 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

昨日の夜、こういう話題を見ました。



ソニー、世界最小6.3μmの画素ピッチを実現した0.5型UXGA有機ELディスプレイ
ソニー株式会社は、0.5型UXGA(1,600×1,200ドット)解像度で、世界最小6.3μmの画素ピッチを実現した有機ELディスプレイ「ECX339A」の商品化を発表した。VR/ARなどへのディスプレイとして応用が可能。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1124151.html

 

すごいんだろうとは思ったのですが、説明できないので、ググってみました。

現在たぶん、市販されているコンシューマー機では最高峰であろう Vive Pro は、片目あたり1440×1600で616ppiだそうです。

でこのソニーのppiを求めてみると、なんと4306ppiで、Vive Pro に採用されているディスプレイの7倍!!すごい!!!

これは、たぶん視力1.0以上は確実にあると考えられます。
これが、何のヘッドマウントディスプレイに搭載されるんでしょうか。 楽しみですねー。

 

参考資料

注目の新型VRヘッドセット「Vive Pro」現行版と性能を比較




視力1.0のVR世界 70メガピクセルで実現する超高解像度のVR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*