ゲーミングPCがいらないVR、 Oculus Quest の凄いところと惜しいところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい どうもー! バーチャル アルファブロガーおじさんの僕です!

Oculus Quest !! ほしい!!! でも買うお金が・・・

世の中 世知辛いのじゃー

 

はい。ということでですね、ちょっとVR界隈で昨日から盛り上がっている Oculus Quest ですが、出遅れてしまいましたが今日はこれについてお話してみようと思います。

PCがいらないスタンドアロンなVRヘッドマウントディスプレイということですが、今までもスマホVRだったり、Oclus Go だったりそういうスタンドアロンなVRヘッドマウントディスプレイが出ていますが、じゃあ今回はいったい何がすごいのでしょうか。




Oculus Quest のすごいところ

下の二つの動画を見ていただきたい。

まず、トラッキングしているということです。僕の知っている限りでは、今までのスタンドアロンのVRヘッドマウントディスプレイではありませんでした。

次に、部屋にあるものを認識しているということ。プレーヤーが物陰に隠れて打ち合いしていますね。

そして同じエリアに多人数がプレーしていること。これも HTC Vive を 使った商用のサービスを見たことがありますが、それをベースステーションなどの外部トラッキングを用いないで実現しています。

あと、解像度が HTC Vive Pro と同じく 2880 x 1440 のディスプレイが2つ。

最後に、価格 339ドル (約4万5000円)

 

Oculus Quest の惜しいところ

Oculus Quest の惜しいところは、ずばり長所でもあるスタンドアロンというところにあると思います。これだけの機能・性能がありながら、PCのVRアプリが使えないのは非常にもどかしいところだと思います。

個人的にはVRで使いたいアプリというのはPC用のアプリです。すでにタイトルが50個以上決まっているということですが、その中に使いたいタイトルが含まれるかどうかは現状では分からない(十中八九含まれない)です。ほんと、これでPCにつなぐことができたら・・・

あと、僕自身実際触ったわけではないので、間違っているかもしれませんが、コントローラですね。あれっ?Rift のような指先トラッキングないの?

 

その他参考にしたツイートやサイトなど

Oculus Quest ローンチタイトル50以上!

 

4万5000円の一体型VRシステム「Oculus Quest」登場、ゲーミングPCが不要な「次のレベルのVR」へ

 

Oculus Quest は、来春399ドルで発売予定。PCや対応スマホなしにフルのVR空間を楽しめる

 

Oculus Quest は Go と Rift の間の位置づけ

 

The Gunner of Dragoon の開発者も (気になってる人)

 

Oculus Quest がヘッドマウントディスプレイについた4つのカメラでトラッキングする様子(イメージ)

 

Oculus Quest はMRも可能

 



おわり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*