NHKが最高裁の判決を無視して23年間分の受信料38万円を請求してきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はい どうもー! バーチャル のじゃアルファ ブロガーおじさんの僕です!

世の中 世知辛いのじゃー

 

昨年12月に最高裁で出た判決「5年間分の受信料だけを支払う義務がある」を無視してNHKが視聴者に23年間分の受信料を請求したそうです。




以前に書いた記事では、視聴者が受信料の支払い義務があるのかどうかを争った判決で最高裁で原告は「5年間分の受信料だけを支払う義務がある」という判決が下されました。

その時NHKは「最高裁で勝った。視聴者は支払い義務がある。」とだけ報道していますが、実際には視聴者は18年分は支払い義務がないので実質的には視聴者側が勝った裁判です。

※参照元のYoutubeはチャンネルが凍結されたため映らなくなりました。たぶんNHKの圧力でしょう。

NHKの受信料について視聴者側が勝訴したようです

 

それにも関わらず、NHKはその視聴者に23年間分の受信料を請求してきたそうです。NHKは最高裁の判決や法をも超える権力を持っているのでしょうか。電話での対応も支離滅裂でもうなんなのやら。カオスすぎワロタwww

 

それでは、その一部始終をどうぞ

 



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*